不動産ニュース / その他

2016/12/20

千葉・行徳で、築25年の企業寮をシェア型賃貸に再生/リビタ

シェア型賃貸住宅「シェアプレイス行徳」外観
シェア型賃貸住宅「シェアプレイス行徳」外観
玄関に隣接したラウンジ。入居者以外の人も招待できるパブリックスペース
玄関に隣接したラウンジ。入居者以外の人も招待できるパブリックスペース
リビングはゆったりとした落ち着いた雰囲気を演出している
リビングはゆったりとした落ち着いた雰囲気を演出している

 (株)リビタは19日、築25年の企業寮をリノベーションしたシェア型賃貸住宅「シェアプレイス行徳」(千葉県市川市、総戸数54室)を、報道陣に公開した。

 延床面積1,403.64平方メートル。鉄筋コンクリート造地上5階地下1階建て。東京メトロ東西線「行徳」駅徒歩8分に立地する。ALSOK東京(株)が保有する1991年築の単身者寮をリビタが15年間一括で借り上げてリノベーション、サブリースする方式で運営していく。

 もともと共同住宅として建築されていたため、一つのユニットに3~4部屋の個室があるユニットタイプのプランを生かした。建物自体はほとんど手を入れず、共用部を整理。壁からの漏水やエントランスの浸水などを修繕した。各ユニットには、個室の他、共同の洗面、トイレ、収納が整備されている。特に収納量を多くしているのが特徴で、これまでのシェアプレイスシリーズ(17棟、1,134戸)の中でも最も多くしたという。
 また、一部のユニットにはシャワーもあるが、メインは4階に集約。風呂は利用する人、しない人で不公平感が出ないように、利用ごとに100円支払うと15分間湯が出る仕組みで、ランニングコストを削減している。

 1階には、キッチン、ラウンジ、リビングの3つの共用部を設けて、つながりのある空間を演出。入居者がその時々の気分に合わせて、自分がいたい場所や適度な距離感を保てるように工夫したという。
 入口のすぐ横にあるラウンジは、友人などを招待することが可能。映画鑑賞やサッカー観戦などができるパブリックな空間としての利用を想定している。奥にあるリビングは、入居者だけの空間として、インテリアも落ち着いた雰囲気のものを設置して、ゆったりとくつろげるスペースとした。
 防犯は、玄関と各部屋のドアに電子錠を設置、2重ロックとしている他、防犯カメラを3台置いている。

 間取りはワンルーム。専有面積は9.72~11.79平方メートル。家賃は4万4,000~5万2,000円(共益費別途1万5,000円)で、周辺の新築物件の家賃と同じくらいの設定。11月から入居者募集を開始しており、20歳代前半~40歳代の女性で、東西線沿線、大手町勤務の人からの反響が多いという。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。