不動産ニュース / その他

2017/2/20

地盤調査にAI導入/地盤ネットHD

 地盤ネットホールディングス(株)は17日、同社の子会社である地盤ネット総合研究所(株)が研究開発した人口知能(AI)を活用し、戸建住宅向けの地盤解析を実用化したと発表した。

 戸建住宅向けの地盤解析は、調査ポイントごとの深度、荷重、回転数、土質、音感、水位などに加え、支持力や沈下量計算、建物周辺の造成、擁壁の有無、近隣地形等を総合評価した人的判断が一般的となっている。

 同社では、2016年よりAIの研究を開始し、これまでの十数万件におよぶ解析物件データをAIに学習させ、改良と検証を重ねた結果、同社の解析基準に合致した信頼性の高い解析結果を導くことに成功。実用化に至った。
 
 今回の導入により、過去の不同沈下データや地震などによる災害現場のパターンを学習させ、再発防止を図れるほか、統一した解析基準の徹底により人による解析基準のばらつきを解消させることが可能になる。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。