不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/2/28

空き家流通の行政との連携、42協会が協定締結/全宅連不動産総研

吉原住宅(有)・(株)スペースRデザイン代表取締役の吉原氏が、自社で保有する築40年超の老朽物件の再生までの道のりなどについて講演した
吉原住宅(有)・(株)スペースRデザイン代表取締役の吉原氏が、自社で保有する築40年超の老朽物件の再生までの道のりなどについて講演した

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会 不動産総合研究所は28日、「空き家対策等地域守りに関する調査研究」の第1回研究会を開催した。

 研究会では、事務局が協会の空き家物件の流通における行政との連携状況、および都道府県における居住支援協議会の参加状況についてのアンケート調査結果を発表。空き家物件流通に関して行政と何らかの協定を締結している協会は、全47協会中42協会、連携先は9県353市町村に達した。また、富山県、奈良県、宮崎県を除く44都道府県に居住支援協議会があり、そのすべての協議会に地元の宅建協会が加盟していることを明らかにした。

 続いて、物件の改修を通じて地域価値向上を目指す吉原住宅(有)・(株)スペースRデザイン代表取締役の吉原勝己氏が講演した。同氏は、リノベーションという言葉がまだほとんど認知されていなかった時代に始めた老朽物件の再生の取り組みについて、その手法や地域価値向上の効果などを説明。現在、新たな課題として取り組んでいる“リノベーションしない場の再生方法”として、地域の人たちも参加してのDIY再生の方法とその効果について解説した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。