空き家の記事一覧

2020/8/7

不動産ニュース 2020/8/7

ジェクトワン、産学共同で空き家活用

(株)ジェクトワン(東京都渋谷区、代表取締役:大河幹男氏)は4日、戸板女子短期大学と「空き家の活用」に関する産学連携協定を結んだ。同短大において、社会問題である空き家問題へのアプローチとして「港区芝にある空き家の活用」を企画する課題授業が5月に...

2020/7/30

2020/7/22

不動産ニュース 2020/7/22

空き家対策、モデルとなる事業を採択/国交省

国土交通省は22日、「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」の採択提案を公表した。全国の空き家対策を加速させるために、5月1日~6月10の期間に、人材育成・相談体制の整備を行なう取り組み(部門1)や空き家対策における全国に共通する課題の解決を...

2020/7/6

不動産ニュース 2020/7/6

地域の空き家利活用のモデル事業を採択

国土交通省は6日、2020年度「地域の空き家等の流通・利活用に関するモデル事業」の採択結果を公表した。地方公共団体と宅地建物取引事業者が連携し、地域の空き家等の利活用などを促すことで、新たなビジネスモデルにつながるような先進・先例的な取り組みを...

2020/7/2

2020/6/29

不動産ニュース 2020/6/29

空き家運用「満足」が66%

(株)ジェクトワンが運営するアキサポ空き家総研は29日、空き家の所有者・運用者それぞれの意識実態調査の結果を発表した。1都3県に空き家を所有もしくは運用している30~60歳代の男女が調査対象で、所有者・運用者、それぞれ300人ずつを調査した。

2020/6/17

不動産ニュース 2020/6/17

起業家に空き家を紹介する事業者決定/東京都

東京都は、起業家からの都内の空き家に関する相談対応や物件紹介を行なうコーディネーターの採択者を決定した。(株)スピーク(東京都新宿区)、(株)スマートライフデザイン(東京都墨田区)、(株)タウンキッチン(東京都小金井市)、(株)トランスリアル(...

2020/5/26

不動産ニュース 2020/5/26

放置土地等の解消へ、土地基本方針を閣議決定

「土地基本法等の一部を改正する法律」に基づき策定された「土地基本方針」と、地積調査等の迅速・効率的な実施を図るための「国土調査事業十箇年計画」が、26日閣議決定された。土地基本方針では、改正土地基本法で規定されている理念・基本施策に基づき、今後...

2020/5/11

不動産ニュース 2020/5/11

空き家等の利活用等モデル事業実施者を募集

国土交通省は11日、「令和2年度 地域の空き家等の流通・利活用に関するモデル事業」実施事業者の募集を開始した。空き家等の流通・利活用を促進するため、地域の空き家等の利活用に取り組む地方公共団体と宅地建物取引業者等が連携した事業者の先進的な取り組...

2020/5/1

不動産ニュース 2020/5/1

空き家対策の課題解決へモデル事業募集

国土交通省は1日、全国の空き家対策の加速に向けた支援制度「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」の提案募集を開始した。支援対象の事業は、(1)人材育成と相談体制の整備部門、(2)全国共通課題の解決部門の2部門。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。