オフィスの一覧

2020/4/2

不動産ニュース 2020/4/2

東急不、新株予約権で賃料支払い可能な新スキーム

東急不動産(株)は3月31日、ビルテナント向けに通常の賃貸借契約に加えてストック・オプションによる賃料の一部支払いができるスキームを導入すると発表した。成長速度の速いスタートアップ企業は、早期移転の可能性や本業への資金投入を行なうため、オフィス...

2020/4/1

不動産ニュース 2020/4/1

日土地と中央不、共同持株会社を設立

日本土地建物(株)は1日、中央不動産(株)との経営統合により、2社の共同持株会社となる「中央日本土地建物グループ(株)」(東京都千代田区、代表取締役社長:平松哲郎氏)を設立したと発表した。2019年3月の基本合意以降、同年10月に経営統合契約を...

2020/3/31

不動産ニュース 2020/3/31

豊洲の大規模複合施設が竣工/三井不

三井不動産(株)は31日、同社が推進する豊洲二丁目駅前地区の再開発「豊洲ベイサイドクロス」の、街区の核となる大規模複合施設「豊洲ベイサイドクロスタワー」(東京都江東区)を竣工した。「豊洲ベイサイトクロス」は、1980年代から始まった豊洲二・三丁...

2020/3/27

不動産ニュース 2020/3/27

博多駅敷地でオフィスビル計画/NTT都市開発

NTT都市開発(株)は26日、大成建設(株)との共同事業として計画中の「(仮称)博多駅東一丁目開発計画」(福岡市博多区)の概要を公表した。ボウリング場・旧博多スターレーン跡地に、敷地面積約4,900平方メートル、延床面積約2万9,300平方メー...

2020/3/23

2020/3/18

不動産ニュース 2020/3/18

ミャンマーでの公有地開発、JOIN出資等を認可

国土交通省は17日、(株)海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)による、ミャンマー最大都市ヤンゴン・ヤンキン地区の公有地における複合都市開発事業への出資(約57億円)および債務保証(最大約137億円)について認可した。鹿島建設(株)とJOI...

2020/3/13

不動産ニュース 2020/3/13

貸し会議室を「BCP支援オフィス」に

(株)ハッチ・ワークは11日、新型コロナウイルス対策として、企業の事業継続計画(BCP)支援を開始した。空間除菌、備品除菌、施設の定期除菌巡回等の抗ウイルス対策を施した貸し会議室「アットビジネスセンター」を、緊急避難用の一時使用サテライトオフィ...

2020/3/12

不動産ニュース 2020/3/12

都心5区ビル空室率、21ヵ月連続で1%を下回る

三幸エステート(株)は12日、2020年2月度の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)および全国6大都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)の大規模ビル(基準階貸室面積200坪以上)のマーケットデータを公表した。東京都心5区...

2020/3/10

2020/3/6

不動産ニュース 2020/3/6

下北沢にコワーキング、6月オープン/ADワークス

(株)エー・ディー・ワークスは6日、保有する収益不動産ビル「ユープレイス下北沢」(東京都世田谷区)のオフィス部分をコワーキングスペースとすると発表した。物件は、京王井の頭線「下北沢」駅徒歩3分、小田急線「下北沢」駅徒歩4分に立地。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!