不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2017/3/15

主力の住宅事業は販売棟数増、損失幅は改善/土屋HD17年10月期第1四半期決算

 (株)土屋ホールディングスは14日、2017年10月期第1四半期決算を発表した。

 当期(16年11月1日~17年1月31日)の連結売上高は37億3,500万円(前年同期比3.2%減)、営業損失は7億3,600万円(前年同期:営業損失7億3,000万円)、経常損失は7億300万円(同:経常損失7億2,200万円)、当期純損失は5億600万円(同:当期純損失4億9,800万円)。

 当期は、住宅部門において、サービス付き高齢者向け住宅などの大型物件を中心に取り扱う特建事業部、若年層向き商品開発を目的としたリズナス事業部を新設。さらに「東京本社」「札幌本社」を新設し、地域完結型の組織体制を目指した。主力の住宅事業では、期初受注残高が微増し、販売棟数が前年同期比増となったことにより、セグメント売上高は26億6,200万円(前年同期比6.7%増)、営業損失は5億7,900万円(前年同期:営業損失6億9,500万円)となった。

 通期については、連結売上高250億100万円、営業利益2億8,000万円、経常利益3億1,900万円、当期純利益1億3,000万円を見込んでいる。 

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。