不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/8/3

ひとり暮らしの理由、トップは「通勤」

 (株)FJネクストはこのほど、首都圏に実家がありながら首都圏のワンルームに単身入居する社会人を対象に“親との距離感”をテーマに実施したアンケート調査の結果を発表した。調査期間は6月3~5日、調査対象は20歳代、30歳代の独身男女400人。

 一人暮らしをしている理由については、1位が「通勤」で46.8%、2位が「自立」で20%、3位が「自由」で11.5%となった。

 実家に帰る頻度は、トップが「半年に1回」(24.0%)、次いで「月1回」(18.5%)、「2~3ヵ月に1回」(17.0%)の順となり、距離が近くても帰省頻度は大きくは増えない実態が明らかに。

 親からの金銭援助の有無については、「受けている」の回答は10.3%。年代別に見ると20歳代前半では17.4%、20歳代後半では14.0%と30歳代(30歳代前半7.0%、後半3.0%)に比べて高く、同社では「月々の収入とリンクしていると考えられる」と分析している。

 一人暮らしをやめて実家に戻りたい気持ちについては、「0%」が46.0%と半数近くを占め、50%までの合計が83.5%と圧倒的多数を占めた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。