不動産ニュース / 開発・分譲

2017/9/13

産業用施設の改修等でCRE戦略をサポート

 三菱商事(株)と、同社100%子会社の三菱商事都市開発(株)(MCUD)は13日、企業のCREサポート事業として、産業用施設の開発・大規模改修事業に参入すると発表した。

 MCUDは千葉県市川市内に冷凍冷蔵庫兼加工センターを主要用途とする産業用施設を2物件取得。改修に着手している。

 第1号案件は、築25年超の老朽化した施設。テナントの施設利用を継続しながら老朽化した設備の更新や外装の改修などを行ない、運営効率の向上および経費削減というテナントニーズに応える。

 第2号案件は築15年の汎用性の高い産業用施設。施設内のレイアウト変更を通じて施設の利便性を高める大規模改修を行ない、新テナントの誘致に成功した。

 三菱商事は総合商社として広範な業界との接点・企業ネットワークおよびプロジェクトマネジメント機能などを駆使し、事業会社が所有する不動産の課題に対し最適なソリューションを提供してきた。
 今後は、商業施設、物流施設、分譲住宅等の不動産関連事業に積極的に取り組み、総合商社の強みを生かしたCREサポートを一つの柱とし、不動産開発事業を拡大していく考え。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

CRE

CorporateRealEstateの略で、「企業不動産」をいう。企業は、事業のために事務所、店舗、工場、福利厚生施設など各種の不動産を所有・賃貸借しているが、それらすべての不動産がCREである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年8月号 日々の実務に役立つ情報満載です。
既存物件を活用して、バイタリティ溢れるスタートアップ企業をまちに呼び込む!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/7/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

最新号2018年8月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

改正宅建業法が施行され、宅建事業者に媒介契約時の「インスペクション」にかかる説明等が義務付けられてから3ヵ月。今回の編集部レポート「『インスペクションスタート』。いま営業現場は?」では、顧客の反応や問題への対応等についてもレポートします。

特集は、「地域に活力を!既存物件を活用した起業家支援」。既存物件の空室を、オフィスを見つけられず悩んでいるスタートアップ企業等向けに再生・活用し、そこを拠点にエリア活性化にもつなげている5事例を取り上げました。