不動産ニュース / 開発・分譲

2017/10/31

ザイマックス、20年にホテル1,500室体制へ

「からくさホテル大阪なんば」外観

 (株)ザイマックスは、インバウンドをメインターゲットにした宿泊特化型ホテル「からくさホテル」の開発を加速する。11月1日、同ブランド4棟目となる「からくさホテル大阪なんば」(大阪市中央区)を開業。2018年には札幌、19年には東京に進出し、インバウンド需要の多い都市中心に、20年までに10棟・1,500室体制を確立する。

 同社の「からくさホテル」は、日本のホテル市場がシングル特化のビジネスホテルと高額で老朽建物が多いシティホテルに二分され、安価に多人数が泊まれるホテルがない点に着目し、多人数で来日する外国人観光客がリーズナブルに連泊できる宿泊施設を目指して開発してきたもの。2室をつないで多人数宿泊に対応するコネクティングルームや、大型スーツケースが入るベッド下スペース、ユニバーサルコンセント、USB充電ポート、館内Wi-Fi、バイリンガルスタッフ常駐などインバウンドニーズに特化した設備仕様としている。これまで開業した3施設は、利用客の7~9割がアジア・ヨーロッパからのインバウンド。客室稼働率は8割超で、8割が連泊、6割が3連泊以上となっている。

 16年3月の「心斎橋」(大阪市中央区、69室)と「京都」(京都市中京区、36室)、17年1月「関西エアゲート」(大阪府泉佐野市、139室)と開業。これまでの3棟は、開発スピードを上げるためコンバージョンによる開発だったが、今回開業の「大阪なんば」は初の新築物件となる。大阪市営地下鉄御堂筋線「なんば」駅徒歩7分に立地。地上9階建て。客室は、ツイン(19~21平方メートル)31室、エキストラベッドの入るツイン(同)80室とアクセシブルルーム(20平方メートル)が1室。隣り合う64ヵ所の客室をコネクティングルームとしている。平均宿泊料金は、1泊1万5,000円。11月~18年1月までの予約状況は75%。インバウンド比率は8割に達している。

 同社執行役員からくさホテル事業部長の佐藤亮祐氏は「日本のホテル市場では、インバウンドを中心とした新しい観光需要に対応したホテルが求められており、この市場に対して当社の不動産開発・運営ノウハウを詰め込んで、新たなホテルネットワークを開発していく。ホテル事業は新市場開拓でもあり、当社の顧客に対する新たな有効活用手段ともなる。今後は新築中心となるが、東京や札幌の開発では建物を借上げて運営する手法も使っていく。20年度にはホテル事業の売上高70億円を目指す」などと語っている。

隣り合う64室をコネクティングルームとしている

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。