不動産ニュース / 仲介・管理

2017/12/25

店舗再編、仲介飛込客数が3割増/大東建託

大東
大東建託リーシング「平塚店」の内装

 大東建託(株)は22日、仲介子会社の大東建託リーシング(株)における店舗再編の効果等をプレス等に説明した。

 同社では数年来、直営店舗網の再編を実施。従前は駅から遠い大東建託支店に併設するケースも多かった店舗立地を全面的に見直し、駅近の「駅前型」と主要幹線道路や大型ショッピングセンターなどの近くに出店する「郊外型」に分け、最適化を図ってきた。2017年の9月で再編がおおむね完了し、従前は300店舗を超えていた店舗網を、235店舗まで圧縮した。

 店舗デザインについても、看板はシンプルなデザインに統一。店頭にはチラシも貼らないようにした。店内は、白を基調にコーポレートカラーの赤をポイントに使用。レイアウトも、従前は接客カウンターから執務スペースが見えている店舗が多かったが明確に分離し、接客カウンターを増設した。

 これらの取り組みにより、飛び込み客の数が全社で30%増加。16年に郊外から移転して「駅前型」とした平塚店(神奈川県平塚市)は移転前よりも85%増加するなど、成果を上げた。

 今後は効果測定とさらなる見直しを図る。今期新規オープンした店舗より、トイレにベビーシートやおむつ交換台を設置。順次既存店舗のトイレ改修も図る。また、飲料機器もグレードの高いものに入れ替える。「お客さまアンケートで、トイレや飲み物に関する要望が意外と多い。これまでの店舗戦略は、お客さま目線ではない部分が目立った。今後はお客さま目線に立った店舗戦略を展開していく」(同社)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。