不動産ニュース / イベント・セミナー

2018/2/7

リビング・オブ・ザ・イヤー、エントリー受付開始

 高齢者住宅経営者連絡協議会はこのほど、10月12日にリビング・オブ・ザ・イヤー2018を開催すると発表。エントリーの受け付けを開始した。

 日本国内で発表され、入居が開始された高齢者住宅(有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、ケアハウス、分譲型ケア付きマンション)が対象。運営開始時期は問わない。

 エントリー受け付けの締め切りは、4月末日。エントリー費用は、1法人1ホームは無料、2ホーム目以降は1ホーム当たり1万円のエントリーフィーが必要となる。

 エントリーされた高齢者住宅について、一次審査、二次審査を実施。ファイナリストとなった7件のプレゼンテーションをふまえ、大賞を選出する。

 エントリーの方法、エントリーシートの入手、その他詳細はホームページを参照。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2024年1月号
十社十色の成功事例
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/5

月刊不動産流通2024年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通」2024年1月号、本日発売となりました!

今回は、毎年1月号の恒例企画、特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2024」を掲載。地元での認知度が高く、成長を続けている不動産事業者はどのような戦略で、どういった取り組みを行なっているのか…、全国各地10社を取材しました!「米軍人の住宅仲介に特化し、軍艦到着時には行列ができる事業者」や「風営法許可申請のサポート等、テナントが入居・退去する際に手厚いフォローを行なう事業者」、「社長出演の物件紹介動画で、内覧後の歩留まりを5割アップした事業者」など、各社それぞれのカラーで奮闘しています。