不動産ニュース / 開発・分譲

2018/9/21

たまプラーザのマンションにエリマネ施設

コミュニティ・コアのイメージ

 東京急行電鉄(株)は10月11日に、分譲マンション「ドレッセWISEたまプラーザ」(横浜市青葉区、総戸数278戸)の低層部に、地域利便施設「CO-NIWAたまプラーザ」を開業する。

 「コミュニティ・リビング」を具現化する施設として開発。コミュニティカフェ、保育園・学童保育、コワーキングスペースなどのほか、共用スペース“コミュニティ・コア”、貫通広場や店舗前テラスなどの機能を備える。

 9月6日には、同施設の入居テナント、ドレッセWISEたまプラーザ管理組合、東急電鉄で構成する(一社)ドレッセWISEたまプラーザエリアマネジメンツを設立。同施設を活動拠点にして、エリアマネジメント活動を企画・運営し、住民交流を促進してコミュニティ形成やまちの回遊性向上を推進する。

 今後は周辺のさまざまな地域団体の活動と連携したイベントや情報発信などを行ない、地域の課題解決や魅力向上も図りながら、良好な住環境とコミュニティの持続・再生を実現する郊外住宅地の実現を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?