ムック本「住宅・不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識」を発刊しました!!

コミュニティの一覧

2019/7/11

2019/6/19

不動産ニュース 2019/6/19

老朽化ビルをコワーキングなどの複合施設に

パナソニック(株)、三菱地所レジデンス(株)、寺田倉庫は19日、コワーキングスペースなどの複合施設「TENNOZ Rim」(東京都品川区)をオープンした。パナソニックが保有する築26年の老朽化ビルを、3社共創で各社の強みを掛け合わせてリノベーシ...

2019/6/13

2019/6/10

不動産ニュース 2019/6/10

ICT活用して地域活性化実験/東急電鉄他

横浜市、東京急行電鉄(株)、(株)NTTドコモ、日本電信電話(株)(NTT)の4者は、地域住民参加型の「データ循環型リビングラボ」共同実証実験を15日に開始する。横浜市と東急電鉄が「次世代郊外まちづくり」を進めている「たまプラーザ駅北側地区」で...

2019/5/30

不動産ニュース 2019/5/30

神戸のアウトレットにコミュニティ活動拠点

三井不動産(株)は、「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」(神戸市垂水区)内に、コミュニティ活動の拠点「マリンピアラボ」を、6月1日に開設する。同施設は、JR神戸線「垂水」駅、山陽電鉄「山陽垂水」駅徒歩9分に立地。

2019/5/27

不動産ニュース 2019/5/27

まちづくり法人、4件を表彰

国土交通省は27日、8回目となる「まちづくり法人国土交通大臣表彰」の受賞者を発表した。都市の課題解決や、地域の良好な環境、価値を維持・向上させる先進的な取り組みを行なっているまちづくり法人を表彰。

2019/5/22

不動産ニュース 2019/5/22

高齢者の健康維持に資する住宅事業等を支援

国土交通省は22日、「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」の提案募集を開始した。ライフステージに応じて変化する居住ニーズに対応し、高齢者・障害者・子育て世帯など誰もが安心して暮らせる住環境の整備を促進するため、モデル的な取り組みを...

2019/5/15

不動産ニュース 2019/5/15

「住み続けられる国土」に向けとりまとめ

国土交通省は15日、国土審議会計画推進部会住み続けられる国土専門委員会の2019年のとりまとめおよび、3年間の全体とりまとめを公表した。同部会は国土形成計画の推進に関して、「住み続けられる国土」の実現に向けた施策の調査目的に16年4月に設置。

2019/5/14

不動産ニュース 2019/5/14

吉祥寺に43棟目のソーシャルアパートメント

(株)グローバルエージェンツは14日、43棟目となるソーシャルアパートメント「NEIGHBORS 井の頭公園」(東京都三鷹市、総戸数33戸)を報道陣に公開した。同物件は、京王井の頭線「井の頭公園」駅徒歩8分、JR中央線「吉祥寺」駅徒歩16分に位...

2019/5/10

不動産ニュース 2019/5/10

UR団地に生活支援機能持たせたコンビニ

(独)都市再生機構(UR都市機構)は10日、森之宮団地(大阪市城東区、総戸数933戸)に、生活支援サービス機能を持ったコンビニエンスストアの1号店をオープンした。UR都市機構では、超高齢社会に対応した住まい・コミュニティ形成支援やUR賃貸の入居...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年8月号
日々の実務に役立つ情報満載です

ビジョンのキーワードである「不動産最適活用」に取り組む事業者への取材等を通し、今後必要となる経営戦略を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(税込、送料無料)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円(税込、送料無料)

お知らせ

2019/7/9

「記者の目」更新しました

「事故物件」の流動化に挑む」更新しました!
最近、よく耳にするようになった「事故物件」。心理的瑕疵の心配があることから取引を避ける不動産仲介会社が多く、市場に出回っても不当な安さで買い叩かれるなど、物件所有者の苦労は計り知れない。「事故」の内容が自殺や殺人事件ならともかく、自然死(孤独死)までもが同一視されるために、超高齢化社会の日本において、頭を悩ませるオーナーがますます増加することも想像できる。今回は、そうしたオーナーを救うためにつくられた事故物件専門サイト「成仏不動産」に注目。運営会社を取材した。