不動産ニュース / 開発・分譲

2019/3/11

10日間の停電に対応する「災害に備える家」

 大和ハウス工業(株)は4月1日、防災配慮住宅「災害に備える家」の販売を開始する。

 自然災害時における倒壊や水没といった1次災害だけでなく、停電によるライフライン被害等の2次災害にも備える住宅。新開発の耐力壁「KyureK(キュレック)」を採用した「xevoΣs+(ジーヴォシグマエスプラス)」仕様で、同社の主力戸建住宅商品である「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」と比較し、巨大地震時の建物の揺れを最大2分の1に低減。台風など強風による飛来物の衝撃に強い防災瓦や防災防犯ガラスも搭載した。

 また、太陽光発電システムと、エネファーム、家庭用リチウム蓄電池を、新たに開発した切換盤で連携させる「全天候型3電池連携システム」を採用。これにより、停電時にはエネファームが発電する電力を家庭内でリチウムイオン蓄電池に備えることができ、雨天時でも約10日間は、電力と暖房、給湯を使用できるようにした。

 販売目標は年間160棟。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年4月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

12名のアナリストが、各分野における2020年の市場動向を予測します。市場のカギとなる「キーワード」の掲載。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/3/10

「記者の目」更新しました!

地域情報を武器にネット集客に挑む!」配信しました。
今やほとんどの不動産会社が開設している自社HP。しかし、実際に集客に結びついている会社は少ないかもしれない。売買仲介を手掛ける(株)トラストリー(東京都江東区)では、コーポレートサイトの他に、「深川暮らし」という地域情報を発信するサイトを開設。その取り組みを取材した。