不動産ニュース / その他

2019/4/9

防災・減災性高い木質系住宅/ミサワ

 ミサワホーム(株)は8日、木質系工業化住宅の最上位ブランド「CENTURY」において、「CENTURY MISAWA ― LCPデザインモデル」をラインアップに加えた。

 大規模災害が多発し、住まいの防災・減災に対するニーズが高まっていることを受け開発。平常時・災害時のいずれにおいても安全・安心な暮らしを支えるソリューション「MISAWA ― LCP」の考え方と、120mm厚の木質パネルと高耐力仕様を採用し高断熱高耐震を両立するセンチュリーモノコック工法を組み合わせた。これにより、自然災害等による被害にあっても一定期間自立した生活が営め、早期に平常時の生活に回復できるレジリエンス性を強化している。

 備蓄した非常食を使いながら新しいものをストックする「ローリングストック収納」や、地震の揺れを最大約50%に軽減するオリジナルの制振装置「MGEO」、冬期の早朝でも室温18度以上を保持する潜熱蓄熱材を組み込んだ「蓄熱床」等のアイテムを標準搭載した。

外観イメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。