不動産ニュース / 開発・分譲

2024/4/16

MM21の大規模複合開発が竣工/大林組他

「横浜シンフォステージ」外観

 (株)大林組など5社(※)は16日、共同で開発してきた複合施設「横浜シンフォステージ」(横浜市西区)が3月31日に竣工したと発表した。

 「みなとみらい21中央地区53街区開発事業」として進められてきた。みなとみらい線「新高島」駅徒歩1分、JR他「横浜」駅徒歩8分で敷地面積は2万620.58平方メートル。

 「ウエスタワー」と「イーストタワー」の2棟で構成し、総延床面積は18万2,937.70平方メートル。
 ウエストタワーは地上30階地下1階建ての高さ約158m。基準階面積約3,360平方メートルで、5~24階にオフィスを配置。低層部にはヤマハの体験型ブランドショップ等、高層部には「京急EXホテルみなとみらい横浜」(総室数150室)が開業する。
 イーストタワーは、基準階面積2,860平方メートルで、企業の本社や研究開発拠点としての利用を想定しており、低層部には店舗やオープンイノベーションスペースを設置した。5~15階はオフィスで、16階には屋上テラスを設ける。オープンイノベーションスペースは、コワーキング91席やシェアオフィス13室等で構成しており、「居心地の良い空間で人と人がつながり、連鎖反応を起こす場所」をコンセプトに運営していく。

 また街区内には広場状空地を設け、来街者やオフィスワーカーの憩いや交流の場として利用してもらう。カーボンニュートラルを目指す取り組みにも力を入れており、さまざまな環境配慮技術を導入。BELSの建物全体評価で最高ランクの★5、オフィス部分ではZEB Ready認証を取得するなど、各種の環境認証も得ている。

 今後、5月9日にオープンイノベーションオフィスが、6月初旬にヤマハのブランドショップ、6月24日に京急EXホテルが開業する予定。

※大林組、京浜急行電鉄(株)、日鉄興和不動産(株)、ヤマハ(株)、みなとみらい53EAST合同会社

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。