不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/7/2

リノベM事業に資源を集中/スター・マイカ

 スター・マイカ・ホールディングス(株)は1日、2019年11月期第2四半期決算(連結)の説明会を開催した。同社は持株会社体制への移行により6月1日に上場したため、当期決算情報は移行前のスター・マイカ(株)のものとなる。

 当期(18年12月1日~19年5月31日)は、売上高173億5,500万円(前年同期比1.1%減)、営業利益20億9,400万円(同29.7%減)、経常利益17億3,900万円(同34.9%減)、当期純利益12億300万円(同33.8%減)。当期で撤退するインベストメント事業における物件売却の反動減の影響を受け、減収減益となった。

 主力のリノベマンション事業では、保有物件の積み上げと物件供給量増加により、賃貸・売買ともに増益を達成。賃貸の売上総利益は対前年同期比で10.6%増、売買は18.1%増となった。セグメント全体の売上高は144億円(同38.2%増)、営業利益は20億9,000万円(同29.7%減)。

 18年11月期を起点とした5ヵ年経営計画「Challenge2022」については、計画2年目を「計画達成へ向けた足固めを行なう1年」と位置付け。下期は、さらなる体制強化へ向けた人材採用・育成、供給戸数増加に伴う販売体制の整備、エンドユーザーに対するマーケティング強化に取り組む。また、通期テーマとして、リノベマンション事業へ経営資源を集中させ、販売戸数を大幅に増加。持株会社体制へスムーズに移行するべく、第2・第3の収益の柱構築にも注力する。

 通期(スター・マイカ・ホールディングス)は、売上高334億円、営業利益29億5,600万円、経常利益23億900万円、当期純利益15億8,400万円を見込む。

 同社代表取締役社長の水永政志氏は、「今回の決算説明から『ESG』に関する内容を加えた。高いコンプライアンス意識の定着や、ITを活用したスマートワークの実現、女性が活躍できる職場環境づくりを推進するなど、透明性の高いガバナンスや労働環境への配慮により、高品質の物件を供給する仕組みを構築していく」と話した。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。