不動産ニュース / 仲介・管理

2019/10/8

管理ビルの清掃にロボット/東急コミュニティー

「渋谷ソラスタ」でのロボットによる清掃の様子

 (株)東急コミュニティーはこのほど、管理受託する2つの施設で、清掃ロボットの使用を本格スタートした。

 「渋谷ソラスタ」(東京都渋谷区)では、5月より2階エントランスホールにて、カーペットなどの床清掃を目的に、ソフトバンクロボティクスのAI清掃ロボット「Whiz」を導入。同ロボットは清掃したいルートを手押しして学習すれば、次回以降はボタン1つで記憶したルートを自動清掃する。走行ルート上の障害物や段差、人の動きを複数のセンサーで検知し、回避や一時停止をする仕組み。

 これまで1日2回、エントランスホール清掃で実証を行なってきたが、9月からはテナント入居階の共用廊下でも使用を開始した。

 「神保町北東急ビル」(東京都千代田区)では、12月より窓清掃のロボット使用を開始。高所や人の入れない狭い隙間も清掃することができるため、作業の効率化や品質向上につなげる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。