不動産ニュース / ハウジング

2019/11/8

旭化成H、マスターブランドを「HEBEL HAUS」に

マスターブランド名称を「HEBEL HAUS」とした

 旭化成ホームズ(株)は7日、同社が展開する商品・サービスを包括するマスターブランド名を設定したと発表。各ブランドの上位に「HEBEL HAUS」を定めた。

 戸建住宅「へーベルハウス」や賃貸住宅「ヘーベルメゾン」、中高層事業「ヘーベルビルズ」、シニア事業、リフォーム事業など、各事業を包括するマスターブランドを定めることで、事業ごとに蓄積してきた価値を集約。同社全体のブランド価値の向上およびシナジー効果を狙う。

 同日会見した、同社取締役兼常務執行役員・マーケティング本部長の藤澤秀樹氏は、「これまでは、事業名称が乱立することで、認知度の高い戸建住宅事業以外の知名度が高まりきらない問題があった。今回、“HEBEL HAUS”をマスターブランドに定め、すべての事業の認知度向上はもちろん、事業横断的なサービス・商品展開も図っていきたい」などと抱負を述べた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。