不動産ニュース / IT・情報サービス

2020/7/7

売買契約での電子契約900件を達成/GAテク

 (株)GA technologiesは6日、新型コロナウイルス感染症対策として推進してきた「RENOSY ASSET マンション投資」における不動産売買契約の電子契約が、2020年3~6月の期間で累計900件を突破したと発表した。

 「RENOSY ASSET マンション投資」は、不動産投資の各プロセスを、AIなどのテクノロジーと経験豊富なエージェントがサポートする次世代型の不動産投資サービスで、ドキュサイン・ジャパン(株)が提供する電子契約プラットフォーム「DocuSign Agreement Cloud」を活用している。
 具体的には同社が顧客と結ぶ不動産の売買契約において顧客のメールアドレスにドキュサインを通じて電子文書を送付し、電子署名を活用して契約を締結するもの。

 同社ではその他にも管理委託契約書など、売り主の同社と買い主間で締結する契約書類をすべて電子化。19年10月から取り組んでいるIT重説の社会実験も、累計約200件実施しており、完全非対面での不動産売買契約を実現している。

 同社代表取締役CEO・樋口 龍氏は「新型コロナによる影響を消費者が経験したことで、書類の量が膨大で煩雑な売買契約における手続きのデジタル化や不動産業界のDX(ITの浸透)は必至」とコメントしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。