不動産ニュース / 開発・分譲

2020/7/14

上野広小路で開業。アパFC加盟店で最多出店に/TKP

「アパホテル<上野広小路>」外観

 (株)ティーケーピーは14日、「アパホテル<上野広小路>」(東京都千代田区、客室数215室)を開業した。

 (株)アパホテルとフランチャイズ契約を締結し開発したもの。ティーケーピーによるアパホテルのフランチャイズホテルは都内で3棟目。全国では10棟・2,010室体制となり、アパホテルFC加盟会社の中で出店数が最大となった。

 東京メトロ銀座線「上野広小路駅」、同「末広町」駅から徒歩2分、JR山手線・京浜東北線「御徒町」駅徒歩5分など、複数路線が利用可能な立地。鉄骨造地上13階建て。客室はシングル(11平方メートル、1室当たり1万2,000円程度)、ダブル(11平方メートル、1室当たり3万円程度)のほか、デラックスツイン(22平方メートル、1室当たり5万円程度)も1室用意した。全室に、空気中の花粉やカビ菌、ウイルスなどを無効化し、脱臭機能も持つ「ナノイーX」搭載のエアコンを導入している。

 付帯施設として「TKPミーティングカフェ」も用意。面積は27.97平方メートル。朝食会場としても利用するほか、会議室やイベント会場としても貸し出し、MICE・宿泊研修のニーズに応える。ティーケーピー代表取締役社長の河野貴輝氏は、「新型コロナウイルス感染症の影響でインバウンド需要等、観光業界は先行きが不透明だが、当ホテルは宿泊研修等を実施する企業向けにBtoBのホテルとして運営する。団体での宿泊を獲得しつつ、テレワーク向けにデイユースを展開するなど、コロナ禍にも対応していく」とコメントした。来年2月までの目標値は、稼働率は95%、平均客室単価9,000円。

 アパグループ代表の元谷 外志雄氏は、「コロナ禍、政府や行政に対応し都内や横浜、大阪においてホテルの1棟貸しを行なった。加えて、一人でも宿泊のニーズがあるなら応じるべきと、他のホテルは休業せず営業を続けた。コロナは数年で終息すると考え、今後も開発・開業予定等は変更せず、計画を進めていく」と話した。

デラックスツインの室内

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。