不動産ニュース / 開発・分譲

2020/7/29

大阪のコンパクトマンションにワークスペース

従来の洋室部分に設置したユニットスペース
ユニットスペースの背面の余剰スペースは在宅ワークのスペースや趣味のスペースとして提案

 東急不動産(株)は、住戸内に在宅ワークなどライフスタイルに合わせて活用できる「ユニットスペース」を設置できるコンパクトマンション「ブランズ大阪福島」(大阪市福島区、総戸数83戸)のモデルルームを8月1日から予約制でオープン。9月中旬から販売を開始する。

 同物件は、JR大阪環状線「福島」駅徒歩4分に立地する、地上15階建てのマンション。建設地は、企業の事業用地跡。間取りは1LDK・2LDK、専有面積約31~48平方メートル。男女シングル、DINKSをメインターゲットとし、コンパクトながら効率的な専有部と共用スペースを設け、新たなライフスタイルを提案する「BRANZプレミアムコンパクト」シリーズの関西第4弾。もともと、ライフスタイルの多様化に合わせた脱LDKのマンションとして企画が進んでいたが、コロナ禍を受け「ココロとカラダの健康」をキーワードに商品企画を練り直した。

 「ユニットスペース」は、1LDK・専有面積約41平方メートルの住戸20戸に有償オプションとして用意したもの。パナソニック建設エンジニアリング(株)の企画商品で、長辺2,200mm、短辺1,700mm、高さ2,000mm、広さ2.3畳。ルーバー天井で、内部は小上がり状になっており、布団・ベッドが置ける。開口部にはアコーディオンカーテンを付け、独立した空間にできる。調光照明も備えられ、施工費は約200万円。このユニットスペースを既存の洋室部分に設置し、余剰部分をワーキングスペースやヨガなど趣味のスペースとして提案する。一般的に空間の使い分けが難しいコンパクト住戸で、ライフスタイルに合わせて空間を使い分けできるほか、既存のクローゼットはそのまま活かし、収納率も確保する。

 共用部には、予約制で入居者ひとりが専有できるブース「個ジム」を設置。(株)東急スポーツオアシスのフィットネス配信プログラムでエクササイズができる(利用料は共益費に含む)。また全戸分の専用宅配ボックスを設置。ネットスーパーの食品を宅配ロッカーで受け取れる「食デリサービス」も導入する。

 販売価格は未定だが、周辺競合物件と同水準の坪300万円台を目指したいとしている。

「ブランズ大阪福島」完成予想図

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。