不動産ニュース / ハウジング

2020/9/4

ウィズコロナ時代に対応した戸建住宅/ナイス

「Skip floor(スキップフロア)」イメージ

 ナイス(株)は4日、ウィズコロナ時代に対応した戸建住宅「New Normal×New Style」を開発したと発表した。

 戸建住宅商品「パワーホーム」の新シリーズで、「Skip floor(スキップフロア)」と「SoLand(ソランド)」の2つのプランを提供する。いずれも、在宅勤務やステイホーム、帰宅直後の手洗いうがい習慣など新しい生活様式に対応したプランと、多様なライフスタイルに適した住まいを提案する。

 「Skip floor」は、1階と2階をつなぐスキップスペースを設置。半個室のワークスペースや子供の学習スペースなど、さまざまな用途での活用が可能。その下のプレイスペースは、収納空間や子供の遊び場として利用できる。室内にウイルスをなるべく持ち込まないように、シューズインクローゼットは、上着を収納できるように設計、玄関近くには浴室・洗面室を設けた。また、洗面室から直接出入りができるファミリークローゼットを配置し、着替えを済ませた上で室内に入ることができる動線にした。価格はモデルプラン(広さ35.25坪)で2,100万円(税抜き)。

 一方、都市型住宅として開発された「SoLand」は、屋上にルーフバルコニーを設置。プライバシーを確保できるプライベートガーデンとして、食事や遊び、ストレッチやヨガなど、さまざまな用途で活用することができる。玄関の近くには、コート類も収納できる大型のシューズインクローゼットと洗面台を配置。半個室型のワークスペースを設けたほか、アイランドキッチンや吹き抜けを通じたロフトも設置した。価格はモデルプラン(広さ32.31坪)で2,050万円(税抜き)。

 なお、追加オプションとして、在宅ワークをより快適にするための室内窓や造作カウンター、ウイルス対策として、宅配ボックスや自動水栓などの商品も用意している。

「SoLand(ソランド)」イメージ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

一戸建て

独立した一軒の家屋がひとつの住戸となっている住宅。「戸建て」も同じ意味である。これに対して、複数の住戸で構成される建物を「集合住宅」「共同住宅」という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。