不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2020/11/5

減収減益/東京建物20年12月期3Q

 東京建物(株)は5日、2020年12月期第3四半期決算(連結)を公表した。

 当期(20年1月1日~9月30日)は、営業収益2,128億8,700万円(前年同期比13.5%減)、営業利益269億7,700万円(同35.1%減)、経常利益245億1,600万円(同33.0%減)、当期純利益168億2,500万円(同32.6%減)となった。

 ビル事業では、ビル賃貸および管理受託等は前年同期と同水準で推移した一方、投資家向け物件売却による不動産売り上げが減少したため、営業収益862億7,800万円(同8.0%減)、営業利益253億7,000万円(同9.1%減)、事業利益257億1,800万円(同9.0%減)の減収減益となった。

 住宅事業については、「Brillia弦巻」(東京都世田谷区)等、分譲住宅955戸を計上したものの、前年同期は都心部の大型マンション等1,053戸を計上していたため、営業収益760億5,600万円(同21.6%減)、営業利益および事業利益は65億7,000万円(同48.4%減)と減収減益に。

 アセットサービス事業では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、駐車場運営の稼働率が低下。営業収益は330億2,700万円(同6.4%減)、営業利益および事業利益は13億1,500万円(同77.1%減)となった。

 通期業績予想については、第3四半期連結累計期間の実績と今後の見通しを勘案し、売上高のみ下方修正。売上高3,400億円(前回発表比2.9%減)、営業利益480億円、経常利益445億円、当期純利益310億円を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。