不動産ニュース / IT・情報サービス

2020/12/8

大手不動産会社がスタートアップ10社と共同実証事業

 (株)デジタルガレージは8日、不動産関連のスタートアップ育成プログラム「Open Network Lab Resi-Tech(Onlab Resi-Tech)」を通じて、不動産大手8社(※)と関連スタートアップ10社による共同実証事業を開始すると発表した。

 Onlab Resi-Techは、2018年11月から同社が運営しているプログラムで、大手不動産・建設会社等がパートナーとして参画している。複数のパートナー企業とスタートアップとが共同で実証実験を進めることで、それぞれの実証事業で確認する仕様の標準化や、DXや新常態に対応したビジネスモデルの創出を加速するのが狙い。

 実証事業は「ビッグデータ」「ドローン」「AI技術」「ワイヤレス給電技術」「MaaS」「ワーケーション」などのテーマで実施。今後のまちづくりや安全・快適な商業施設・オフィス空間の形成に向けて、どのように活用できるかを実証する。

 「ビッグデータ」では、(株)DATAFLUCTと連携し、開発用地を取得する際の意思決定に必要なデータの収集から分析までを総合的に提供する機能に加えて、にぎわい(人流・感情・経済)をモニタリングする仕組みをつくり、まちづくり・タウンマネジメントのPDCAに活用できる機能を検証する。「AI技術」では、Leela AI Inc.とオフィスやショッピングモール等でのAIを活用した異常検知による警備業務のサポートなどについて実証していく。

 また、エイターリンク(株)とオフィス空間における完全ワイヤレス給電技術を利用した電源供給の実装、(株)トルビズオンとドローン空路の実現、scheme verge(株)とMaaSを活用した、分散ネットワーク型都市開発手法の構築についても検証していく。さらに、(株)リゾートワークスとは、パートナー企業が保有するホテルや会員制施設のワーケーション利用の影響についても実証を進めていく。

※(株)コスモスイニシア、(株)竹中工務店、東急グループ、東京建物(株)、西日本旅客鉄道(株)、野村不動産ホールディングス(株)、阪急阪神不動産(株)、三井不動産(株)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。