AIの一覧

2019/12/11

2019/11/29

不動産ニュース 2019/11/29

投資市場、「ピークに達している」が73.6%

(一財)日本不動産研究所(JREI)は、第41回不動産投資家調査の特別アンケート「2020東京五輪と五輪後の不動産投資市場」の調査結果を発表した。東京五輪や五輪後の不動産投資市場に係る不動産投資家の認識について調査。

2019/11/28

不動産ニュース 2019/11/28

リバブル榊会長が登壇/不動産女性塾

不動産業に携わる女性経営者や実務経験者を中心に組織する(一社)不動産女性塾(塾長:北澤商事(株)代表取締役会長・北澤艶子氏)は27日、相互館110タワー(東京都中央区)で、21回目となるセミナーを開催した。冒頭、北澤塾長が「不動産女性塾を立ち上...

2019/11/5

不動産ニュース 2019/11/5

AI・RPAで不動産業務を自動化/オープンハウス

(株)オープンハウスは5日、AI・RPA(ロボットによる業務自動化)技術を活用して不動産の業務を自動化し、年間2万5,700時間の工数削減に成功したと発表した。同社では2018年より、内製で既存のAI・RPA技術を活用した開発を開始し、すでに1...

2019/10/31

不動産ニュース 2019/10/31

「スマート物確」と物件データ連携/アットホーム

不動産情報サービスのアットホーム(株)は31日、賃貸物件の契約や更新、解約、家賃管理などの煩雑な管理業務を一元管理する「賃貸管理システム」と、(株)ライナフが提供する「スマート物確」とのデータ連携を開始した。「スマート物確」は、AIの音声認識で...

不動産ニュース 2019/10/31

リバブル、賃貸マンションにスマートミラー

東急リバブル(株)は、子会社のリバブルアセットマネジメント(株)が開発・所有する賃貸マンション「リバーレ」シリーズへ、LINEのAIアシスタント「Clova」を搭載したスマートミラーの導入を開始する。「リバーレ」シリーズでは、2018年6月より...

不動産ニュース 2019/10/31

理想の間取りをAIで検索/三井不リアル

三井不動産リアルティ(株)は31日、顧客が間取り図を作成して、理想の間取りに近い物件を手軽に検索できるシステム「間取サーチAI(マドリサーチエーアイ)」を「三井のリハウス」ウェブサイトで公開した。不動産仲介業向けのシステム開発などを手掛けるアヴ...

2019/10/8

2019/10/7

不動産ニュース 2019/10/7

Society5.0時代テーマに講演会/REJA

日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)は4日、プレスセンタービル9階日本記者クラブ(東京都千代田区)において、設立30周年記念講演会「Society5.0時代の不動産・住宅市場」を開催した。冒頭、同会議代表幹事の阿部和義氏が1989年の設立時...

2019/9/3

不動産ニュース 2019/9/3

投資プランシミュレーションをリニューアル

(株)コスモスイニシアは8月30日、AIを活用した一棟投資用不動産の投資プランシミュレーションサービス「VALUE AI(バリューアイ)」をリニューアルした。「VALUE AI」は、一棟投資用不動産を保有するオーナー、または購入を検討しているユ...

  1. 1

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。