不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/12/8

世界の都市総合力ランキング、東京は‟経済”に課題

 (一財)森記念財団 都市戦略研究所は8日、「世界の都市総合力ランキング(Global Power City Index)2020」を発表した。

 同ランキングは、世界の主要48都市を選定し、都市の力を表す6分野(「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」「交通・アクセス」)における70の指標に基づき評価する。今回が13回目。

 総合ランキングのトップはロンドンで、スコアは1,661.1と、9年連続で首位を維持。2位がニューヨーク1,514.9、3位が東京1386.5、4位がパリ1325.4、5位がシンガポール1262.1と、上位5位までは昨年と同列となった。

 ロンドンは、「文化・交流」分野でとりわけ強さを見せ、16指標中13の指標でトップ5入りとなった。EU離脱による経済への影響などが今後の成長のカギを握る。ニューヨークは、「経済」や「研究・開発」で安定した強さを見せた。

 3位の東京は、16年まではトップだった「経済」で弱さをみせ、1・2位に引き離される結果に。特に「優秀な人材確保の容易性」でスコアを落としている。一方「環境」での「都市空間の清潔さ」や、「交通・アクセス」の「国際貨物流通規模」では順位を上げた。
 ロンドン・ニューヨークと比較した東京の強みは、「経済/世界トップ500企業」、「研究・開発/特許登録件数」、「文化・交流/食事の魅力」、「居住/小売店舗の多さ」、「環境/都市空間の清潔さ」など。一方、弱みは「経済/優秀な人材確保の容易性」、「研究・開発/スタートアップ数」、「文化・交流/ナイトライフ充実度」、「居住/社会の自由度・平等さ」、「環境/緑地の充実度」となっている。

 なお、集計期間の関係で、今回の結果には新型コロナウイルスの影響はほとんど反映されておらず、今後のポストコロナ時代の競争力を図る指標を検討するため、上位都市居住者約1,000人にアンケートを実施。その結果を踏まえ、「多様な働き方への対応力」「デジタル化によるビジネス環境の変化」「新たな社会的リスクを考慮した安全・安心」「“ICT環境の充実度”の重みづけ」「SNS活用による情報発信力」などを新しい視点として挙げている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。