不動産ニュース / その他

2020/12/8

住宅等の壁面利用したまちの活性化事業、エリアを拡大

未活用壁面に福祉アートを設置。QRをコードを読み取ると、アートプロダクトを購入できる仕組み

 東急(株)は8日、未活用壁面をプロモーションやアート作品の展示スポットとして活用する「ROADCAST」の事業エリアを拡大すると発表した。

 所有者が落書きなどに悩む路地裏の住居や店舗等の未活用壁面を同社が借用して実施する取り組み。壁面所有者の悩み解消、まちの活性化、にぎわいの創出とともに企業の広告宣伝等につなげている。同社の「社内起業家育成制度」の第4号案件として2018年7月に取り組みを開始。以来、渋谷区の140ヵ所を超える壁面でサービスを展開している。スマートフォンと連動させたまちの回遊イベントや、ストリートアート展等の企画も行なってきた。

 今回、事業エリアを新宿区、中央区、港区に拡大。2021年度中に4区合計約500ヵ所の壁面での事業展開を目指すとした。

 新規エリアの第1弾企画として、福祉を起点に新たな文化をつくりだすアートライフブランド「HERALBONY」を展開する(株)ヘラルボニーと共同で、ウォールアートからアートプロダクトを購入できるミュージアムショップ「Wall Art MUSEUM STORE」を実施する。

 ROADCASTで賃借する壁面に落書き・はがれ防止を目的として設置している下地シートを、福祉アートに変更。プロモーションなどで利用する時以外も、常にウォールアートが展示されている状態とし、まちの活性化につなげる。また、作品に付随するQRコードを読み込むことで、ヘラルボニーとアーティストのコラボレーションによるアートプロダクトを購入できる仕組みとし、アーティストおよびアーティストが所属する福祉施設の支援につなげる。実施期間は12月10日から約1年間を予定。はじめは4区・約40ヵ所の壁面で実施し、順次展示箇所を増やしていく。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。