不動産ニュース / その他

2021/2/1

帝国ホテルが新たにサービスアパートメント事業

スタジオタイプ室内イメージ

 (株)帝国ホテルは1日、帝国ホテル東京の新規事業としてサービスアパートメント「帝国ホテル サービスアパートメント」を開始すると発表した。同日、予約を開始し、3月15日より入居を開始する。

 サービス開始にあたり、タワー館の客室3フロアの一部を、99室のサービスアパートメント、コミュニティルーム(共同利用スペース)に改修。客室内にキッチンや大型冷蔵庫などは設置していないが、「コミュニティルーム」で朝食のパンを無料で提供するほか、同ルーム内に自由に使える洗濯乾燥機、電子レンジなども設置。専属サービスアテンダントによる24時間対応のサービスを用意し、サブスクリプション方式でルームサービスによるサービスアパートメント専用の食事メニューと、シャツ類のランドリーサービスを提供する。
 このほか、ホテルラウンジでのコーヒーまたは紅茶の提供、駐車場利用、フィットネスセンター・プール・サウナ利用などもでき、ホテルならではのサービスや設備を活用する滞在を提案する。

 旅館業法下のため、一般的なサービスアパートメントのような契約の必要がなく利用が可能。料金は、長期滞在、短期滞在双方が可能な料金体系で、スタジオタイプ(約30平方メートル)の場合、月額36万円(税金・サービス料込)。最低宿泊日数は5泊からで15万円(税金・サービス料込)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。