不動産ニュース / 開発・分譲

2021/2/22

新大久保駅に「食」がテーマの交流拠点/JR東日本

3階シェアダイニング、4階コワーキングオフィス・ファクトリーキッチンのイメージ

 東日本旅客鉄道(株)はこのほど、JR山手線「新大久保」駅の駅ビルに、フードラボ「Kimchi,Durian,Cardamom,,,(キムチ,ドリアン,カルダモン,,,(略称:K,D,C,,,))」を開設すると発表した。開業は3月28日。

 同社は山手線を起点に、まちの個性を引き出し、まちや人が有機的につながる心豊かな都市生活空間「東京感動線」の創出を目指している。その一環として、同駅ビル3・4階に開設する。同駅は「国際的」なイメージが沿線第1位で、「食」のイメージも強いことから、「食」に関わるさまざまな人が集い楽しむ交流拠点とする。

 3階はシェアダイニング。延床面積180平方メートル。プロ仕様の3つの個別厨房スペースを設置。出店者同士が共有で使用できる客席も備え、独立を志す料理人が腕をふるう場や企業がテストマーケティングを行なう場などを提供する。定期的に食材の生産者やシェフとの食事会、食の知見を深める講座等のイベントも行なう。

 4階はコワーキングスペースとファクトリーキッチン。延床面積310平方メートル。コワーキングスぺースは、シェフ、生産者、ライター、ベンチャー企業など「食」に携わる人を対象とした会員制の施設で、人材育成や起業支援のプログラムを提供する。コミュニティキッチンも併設し、簡単な調理・実験も行なえるようにする。
 ファクトリーキッチンは、各種製造許可を取得する予定で、新商品開発や食品製造に関わる人・企業が、商品を試作し提供できる場とする。

 同社は、グループの資産を活用し、新規販路の開拓や食材の流通支援、フードビジネスの新規事業支援等を実施していく。

この記事の用語

コワーキングスペース

属性の異なる人々が共同で利用し、相互に交流することのできる仕事場。英語のcoworking space。業務のための場所を共有するだけでなく、利用者間の交流が生まれるところに特徴がある。また、交流を促すための行事などが実施される場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/3/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.378 デンマーク人が最も大切にしている価値観 “ヒュゲ”【デンマーク】」配信しました。
最近、何かとメディアで取り上げられる「ヒュゲ(ヒュッゲ)」。とはいえ、実際にどういった意味なのか、説明できる人は少ないかもしれません。発祥元となるデンマークで暮らすライターが、デンマーク人の暮らしや思想を紐解きながら、「ヒュゲ」について説明します。