不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/4/7

3Dホログラムサイネージの広告媒体価値を定量化する実証実験

 東京建物(株)は6日、3Dホログラムサイネージ広告事業を手掛ける(株) Life is Style(東京都渋谷区、代表取締役社長:大貫 誠氏)、ソフトバンクグループのSBイノベンチャー(株)と共に、3Dホログラムサイネージを用いた広告媒体価値を定量化する実証実験を行なうと発表した。

 3Dホログラムサイネージは、空間に音と組み合わせた立体的な映像を投影できる仕組みで、専用メガネ等の必要なく肉眼で3D映像を体験できる。実験は、4月5〜30日の期間、「大手町タワー」(東京都千代田区)内の“OOTEMORI” のイベントスペースで実施。3Dホログラムサイネージで送客したい飲食店舗の映像を配信し、それを視聴した通行人が、その後同じ建物内の飲食店舗エリアにどの程度流入したのかをデータ化することで、広告・PR媒体の効果・価値を数値化し、その費用対効果を図る。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。