不動産ニュース / リフォーム

2021/5/17

恵比寿の賃貸マンションをリノベ/グッドルーム

リノベーション後のリビング。キッチン横の木製の棚は家電置き場、テレワークスペースとして活用できる

 グッドルーム(株)は14日、同社が展開する賃貸マンションリノベーション「TOMOS」のオンライン内覧会を開催した。

 「TOMOS」は、仲介・施工・リーシングまでを一貫して行なうリノベーションブランド。
 施工した物件は、JR「恵比寿」駅徒歩8分、築17年の賃貸マンション。鉄筋コンクリート造地上8階地下1階建て、総戸数109戸。最上階のペントハウスの1室(1LDK、専有面積90.47平方メートル)を、オーナーの依頼によってリノベーションした。

 間仕切り壁をずらしたほか、キッチンの位置も移動。間取りは1LDKのまま、広々とした約18畳のLDKと約6畳の寝室兼書斎に変更した。床はオーク材使用のフローリングに、建具はシンプルさと部屋の明るさを確保する白を基調とした。キッチンは二の字型を採用。コンロとシンクを分け、収納スペースをふんだんに確保したほか食洗機も設置。壁にフックがかけられるバーを取り付け、キッチン用品を“見せる収納”ができる。照明は、デザインや位置が自由に変更できるライティングレールとした。
 キッチンの並びには木製の棚を造作。家電製品置き場、テレワークスペースなどに活用することができる。ベランダはルーフバルコニーに変更、床にウッドパネルを貼り、2mのL字の柵を後付けした。寝室兼書斎のトイレ・バスは一新。従前のユニットバス横にあったデッドスペースをウォークインクロゼットとしている。

 施工費用は坪当たり60万円強。リノベーション後の賃料は50万5,000円と、従前より約10万円アップした。3月下旬より募集を開始、管理会社、仲介会社と連携してリーシングを行なっている。

約18畳の広々としたリビングと約6畳の寝室兼書斎に変更

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。