不動産ニュース / その他

2021/6/11

再エネアグリゲーション実証2事業に参画/東急不

 東急不動産(株)は9日、経済産業省が実施する「令和3年度 再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」(執行団体:(一社)環境共創イニシアチブ)の2業に実証協力者として参画すると発表した。

 同実証事業は再生可能エネルギー(再エネ)の主力電源化に向けて、発電量が変動しやすい再エネを束ねて制御する再エネアグリゲーション技術を向上させることを目的に実施するもの。同社は(株)エナリスを幹事企業とする計17社でのコンソーシアム事業、および東芝ネクストクラフトベルケ(株)を幹事企業とする計28社でのコンソーシアム事業の2事業に実証協力者として参画する。

 FIT制度見直しによるFIP制度(基準価格(FIP価格)と市場価格の差額をプレミアム額として交付することにより投資インセンティブを確保する制度)への移行が予定されており、発電事業者が課される責務や、変動する市場価格に応じた最適な取引によるマーケットリスクへの対応が必要となることから、再エネの更なる普及に向け、これらの課題解決を支援する再エネアグリゲーターの存在が必要となる。

 今回の実証では、発電量予測技術の検証や、再エネ発電量制御などの技術開発・検証を行なうことで、再エネアグリゲーターの技術面・事業面の課題検討を実施。同社は2事業において、保有する再エネ発電所(全国57事業1,150MW(2021年4月末時点))のうち一部の稼働物件における発電量等の実績データを提供する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。