不動産ニュース / ハウジング

2021/6/16

森林破壊ゼロに向け木材調達方針を策定/大和ハ

 大和ハウス工業(株)は16日、2030年までに建設する建物に関する木材調達の方針を策定した。

 同社グループでは、環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」に基づき、創業100周年となる55年までにグループ、グローバル、サプライチェーンを通じての“環境負荷ゼロ”を目指している。その重点テーマとして自然環境との調和を掲げており、今回は、木材調達に伴う森林破壊を根絶するため4つの方針を策定した。

 具体的には、(1)サプライヤーに30年までに森林破壊ゼロの方針策定を要請し、策定しない供給元からの木材調達は原則禁止する、(2)原産国の人権侵害防止や安全重視のため、労働や人権に関する方針を策定しないサプライヤーからの木材調達を禁止、(3)適切な方法で伐採された木材の利用を推進するため、トレーサビリティが確保された木材のみを調達する、(4)これまで木材調達調査の対象としてきた構造材や下地面材、桟木、フロア材に加えて、型枠合板パネルや主要設備、建具、クロスを追加していく、という4つの方針を掲げた。

 同社グループでは、脱炭素社会への取り組みを加速させることで、持続的な成長ならびに事業の通じた持続可能な社会への貢献を果たしていくとしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。