不動産ニュース / 仲介・管理

2021/7/2

顧客へ再エネ利用の電気料金プラン提供/C21

 (株)センチュリー21・ジャパンは1日より、再生可能エネルギーの利用を推進することを目的に、加盟店で物件を契約した顧客に対し、CO2排出量が実施ゼロとなる電気「スマ電CO2ゼロ」の電気料金プランの提供を開始した。

 (株)アイ・グリッド・ソリューションズ(東京都千代田区、代表取締役社長:秋田智一氏、以下、アイ・グリッド社)と提携して取り組む。顧客が入居時に電気契約を行なう際に、「スマ電CO2ゼロ」を顧客に推奨する。「スマ電CO2ゼロ」は、石炭火力発電などの化石電源やFIT電源に再生可能エネルギー指定の非化石証書を組み合わせることにより、実質的に再生可能エネルギー比率100%かつCO2排出量ゼロとする電気。顧客にとっては、賃貸・購入の契約と同じタイミングで同プランに申し込むことができるため、脱炭素といった環境配慮への取り組みを容易に始めることができる。

 今後3年間で1万件の契約件数を目指し、家庭での再生可能エネルギー利用を推進していくという。
 なお、1万件の顧客が「スマ電CO2ゼロ」を利用した場合、CO2排出量は一般的な電気料金プランと比較して年間1万tの削減効果が見込めるという。これは年間で杉の木70万本が吸収する量に相当するという。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。