不動産ニュース / 開発・分譲

2021/7/9

岐阜に道の駅を拠点とするホテル/積水ハウス他

「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜高山荘川」外観イメージ

 積水ハウス(株)とマリオット・インターナショナルは、「Trip Base 道の駅プロジェクト」14番目のホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜高山荘川」(岐阜県高山市、客室数64室)を、8月2日に開業する。

 「Trip Base 道の駅プロジェクト」は、地域や自治体、パートナー企業とともに、観光を起点に地域経済の活性化に取り組む地方創生事業。「道の駅」を拠点とする宿泊特化型ホテルを建設し、「地域の知られざる魅力を渡り歩く旅の提案」を通して地方創生の一助となることを目指す。

 同ホテルは、「道の駅桜の郷荘川」に隣接。渓流、樹齢500年の桜などをめぐる旅の拠点となる予定。4階建て、客室の広さは平均25平方メートル。

 同事業は現在、25道府県の自治体、42社のパートナー企業と連携。2025年には、25道府県で約3,000室規模へ拡大したい考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?