不動産ニュース / その他

2021/7/15

既存住宅の省エネ化を推進/インテリックス

 (株)インテリックスは15日、2021年5月期決算説明会をオンライン開催した。

 当期(20年6月1日~21年5月31日)は、売上高410億7,400万円(前期比8.5%増)、営業利益21億7,000万円(同95.8%増)、経常利益19億2,600万円(同154.3%増)、当期純利益11億2,700万円(同116.0%増)となった。詳細は7月13日のニュースを参照。

 説明会では、同社代表取締役社長の俊成誠司氏が今後の事業方針を説明。リノベーション事業分野では、主力のリノヴェックス事業はもとより、省エネリノベーション「ECOCUBE」の展開を推進していく。ソリューション事業分野については、アセット事業、リースバック事業等の拡大により、ストック収益とフロー収益の安定化に努める。これら部門を支えるコーポレート部門では、現場力とデータ分析を融合した経営を推進。月2,000件以上の査定依頼を受けた物件情報の分析により、需要の高いエリアや最適な内装仕様を見える化し、仕入れ営業に必要なIT支援を行なっていく。

 また、「既存住宅のリノベーションにおいても、省エネルギー化を推進していくことを使命と捉える」(俊成氏)とし、「ECOCUBE」の今期の販売目標を200戸に設定。「『ECOCUBE』の推進は、SDGsのゴールに貢献できるものと考えている」(同氏)と話した。拡大に向けた施策として、(1)省エネによりもたらされるメリットのアピール、(2)低コスト化の実現、(3)省エネを体感できる機会の提供、の3つを提示。「横浜の『ECOCUBE』物件では、リノベーション前後で冷暖房費が約74%削減できるというデータがある。こうしたメリットの認知、普及に努めていく」(同氏)と述べた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リースバック

不動産を売却し、その買い主から当該不動産を賃借する方法。英語のLeaseback。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。