不動産ニュース / その他

2021/9/14

みなかみ町で産官学金のまちづくり

 (株)オープンハウス、群馬県利根郡みなかみ町、(株)群馬銀行、国立大学法人東京大学大学院工学系研究科の4者は、9月22日に産官学金の包括連携協定を締結すると発表した。

 みなかみ町は、豊かな自然環境資源を有し温泉資源にも恵まれるなど、観光地として発展を遂げてきた。その一方で、少子高齢化、公共施設・温泉施設の老朽化、スキー場経営の悪化といった、全国の中山間地域にも共通する課題を抱えており、まちの生活、観光を支えるエリアとしての再生が急務とされていた。

 そこで、4者は、「みなかみ町の地域活性化に関する包括連携協定書」を取り交わし、以後継続的に連携したまちづくりに取り組んでいく。

 具体的な連携事項については、「魅力ある観光地づくりおよび誘致に関すること」「サスティナブルな街づくりの推進に関すること」「定住・移住に関すること」「「観光振興や産業振興など地域経済の発展に関すること」「環境保全に関すること」「その他、住民サービスの向上に関すること」「公共施設の有効利用に資する情報交換に関すること」の7項目。これらについて継続的に連携したまちづくりに取り組む。

4者による連携のイメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。