不動産ニュース / 開発・分譲

2021/9/24

神奈川・江ノ島と福岡・渡辺通でマンション開発

「クリオ湘南江ノ島グランマーレ」エントランスイメージ

 明和地所(株)は24日、「クリオ湘南江ノ島グランマーレ」(神奈川県藤沢市、総戸数68戸)、「クリオ渡辺通アーバンマークス」(福岡市中央区、総戸数65戸)の販売を開始した。

 「クリオ湘南江ノ島グランマーレ」は、小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅徒歩4分の立地。敷地面積1,510.42平方メートル、延床面積6,591.70平方メートル、鉄筋コンクリート造地上13階地下1階建て。住戸の間取りが2LDK・3LDK、専有面積55.04~111.01平方メートル。第1期販売は、戸数が30戸、価格が4,353万~1億7,998万円、最多価格帯7,500万円台(2戸)。竣工および入居開始は2023年3月下旬を予定。
 三方道路の開放的な敷地を生かし、オーシャンビュー中心の配棟計画とした。共用部には、洗い場付きサーフボード置場共用、キッチンとワークスペースを備えたオーナーズラウンジ、居住者専用のスカイガーデンなどを設置。内廊下設計で角住戸を中心とし、上層階には100平方メートル超の住戸を16戸用意する。江ノ島エリアで専有面積100平方メートル超の供給は民間調査会社の調査によると約19年ぶりとなる。

 「クリオ渡辺通アーバンマークス」は、福岡市地下鉄七隈線「渡辺通」駅徒歩9分に立地。敷地面積973.58平方メートル、延床面積4,456.46平方メートル、鉄筋コンクリート造地上14階建て。住戸の間取りは2LDK・3LDK、専有面積が44.58~84.00平方メートル。第1期1次販売は、戸数が7戸、価格が2,989万~7,689万円。竣工は23年3月中旬、入居開始は同月下旬の予定。
 角住戸・南西向き住戸を中心に構成している。歩車分離したアプローチや防災備蓄倉庫など、安全・安心に配慮した。

「クリオ渡辺通アーバンマークス」外観イメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。