不動産ニュース / ハウジング

2021/10/8

CLTを活用した注文住宅を発売/大東建託

「Groun DK」外観イメージ

 大東建託(株)は、11月1日より、CLT(直交集成板)を活用した戸建注文住宅「Groun DK(グランディーケー)」の試行販売を開始する。

 同社オリジナルの「クロスウッド工法」を採用。従来の工法である木造軸組工法に加えて、CLT耐力壁+合板の面材耐力壁を併用。屋根・床の一部にはCLTパネル、壁の一部にはMNパネルを採用している。建物の軒裏や室内の壁をあえて現しとすることで木の温かみが感じられるようにした。

 標準プランで、2階建て、間取りが4LDK、床面積が157.48平方メートル。価格は非公開。関東エリアを対象に販売する。実績を踏まえ販売エリアの拡大を検討していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

CLT

木材板を積層接着した厚型のパネル。英語のCross Laminated Timberの略で、和訳は「直交集成板」である。 CLTは、板の層を繊維方向が直交するように交互に張り合わせたもので、高い寸法安定性、優れた断熱性があるほか、CLTを柱や梁とする構造は軽量で耐震強度を確保できるとされている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。