不動産ニュース / 開発・分譲

2021/10/29

「旧九段会館」建て替え、保存棟が12月に完了

保存棟正面玄関エントランス

 東急不動産(株)と鹿島建設(株)は29日、登録有形文化財「旧九段会館」を一部保存しながら建て替える「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」について、保存棟(旧九段会館部分)の保存・復原工事が12月に完了すると発表した。

 東京メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線「九段下」駅徒歩1分に立地。敷地面積約8,765平方メートル。鉄骨造(コンクリート充填鋼管構造)・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造地上17階地下3階建て、延床面積約6万7,738平方メートル。

 「水辺に咲くレトロモダン」をコンセプトに、築約90年の旧九段会館本館部分(鉄骨鉄筋コンクリート造地上5階地下1階建て、延床面積約1万4,000平方メートル)のうち約7,000~8,000平方メートル部分を保存・復元する。創建当時の雰囲気を生かしながら、貸会議室・宴会場やシェアオフィス・小規模オフィス、屋上庭園など多用な施設を設置。オフィス、クリニックモール、店舗などで構成する新築棟と一体的に開発する。

 保存棟は、免震レトロフィット工法を採用。地下1階に免震装置を設置することで保存部分への影響を最小限にしながら、耐震性能を大きく向上させた。重厚な内装を残しながら、1階には会員制のシェアオフィスを、2~4階には、ハイグレードなセキュリティサービスを兼ね備えた小規模オフィスを設置。新築棟地下1階に計画している食堂やシェアオフィスと連携したサービスも提供していく。

 2・3階では、創建時の姿を再現した宴会場「鳳凰」と「真珠」を保存・復原し、一般利用が可能なカンファレンス施設等として活用。両室とも照明や天井・壁面の唐草模様など装飾品を可能な限り創建時と同様のデザインで復原し、昭和初期のモダニズムを感じさせる空間を創出する。

 また、2階の応接室・役員室として使われていた部屋は、寄木張りの床や絹織物の天井など当時の雰囲気を生かしつつ貸し会議室として利用する。また、4階には、これまでの歴史がわかるギャラリーも設置する。5階屋上には、ワーカーの憩いの場となる屋上庭園と専用ラウンジを。屋上庭園には仕事の合間にリフレッシュできる健康家具なども備える。

 全体竣工は22年7月の予定。

2階応接室では、工事過程で発見された正倉院宝物殿にある銀壺と類似した模様のクロスを保存
貸し会議室イメージ。応接室・役員室は、貸し会議室として活用する予定

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。