不動産ニュース / 開発・分譲

2021/11/4

宅地開発事業に参入/三好不

 (株)三好不動産は3日、開発事業への参入を発表した。

 コロナ禍の影響で在宅時間が増えたことから、住宅ニーズに変化が起き、利便性よりも広い戸建てを求める傾向が強くなっている。そこで同社では、開発事業に参入することを決定。宅地開発を事業の柱に据える。

 大規模宅地開発の1号案件として、2021年9月より福岡県篠栗町で宅地の開発・造成を開始。開発面積は2万7,041.77平方メートル。事業主の(株)FOMAを資金面でサポートし、共同事業者として参画する。区画造成は22年11月に完成予定。

 宅地造成に伴い、関連会社(株)ミヨシアセットマネジメントをはじめ、計4社(「ミサワホーム九州(株)(42区画)」「トヨタホーム九州(株)(26区画)」「パナソニックホームズ(株)(26区画)」「ミヨシアセットマネジメント(10区画)」の計104区画)の区画分譲が決定し、一部一般販売を開始した。

 なお、同社はこの2年で福岡県福津市、福岡市早良区で宅地造成を実施しているが、1,000平方メートル以上の開発許可が必要な大規模開発事業は今回が初となる。

この記事の用語

一戸建て

独立した一軒の家屋がひとつの住戸となっている住宅。「戸建て」も同じ意味である。これに対して、複数の住戸で構成される建物を「集合住宅」「共同住宅」という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。