不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/12/8

飯田GHD、露企業を子会社化し木材安定確保へ

 飯田グループホールディングス(株)は8日、ロシア最大級の林産企業グループであるRussia Forest Product (BVI) Limited(RFP社)の子会社化が決まったと発表した。6月の取締役会でRFP社の株式取得と同社が実施する第三者割当増資の引き受けを決定していたが、7日にロシア政府当局の許認可を取得したことから、子会社化が正式に決まった。

 RFP社は森林認証を取得した林区面積が九州よりも広い約400万ha。年間木材伐採量は約170万立方メートルで、同社グループの年間に供給する戸建住宅での使用量に匹敵する。また、複数の木材加工会社を傘下にしており、原木伐採から木材加工まで一貫したバリューチェーンを構築しており、効率的かつ安定的な供給体制を保有している。

 同社は、ウッドショックのような需給ひっ迫時や市況変動に左右されない木材調達を実現すると共に、サステイナブルな森林経営をカーボンプライシング等にも生かしていく考え。

 株式取得・増資引受・融資予定額を合わせた取得価格の合計は525万ドル(約600億円)。株式取得後の保有割合は75.0%となる。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

サステイナビリティ

環境や社会経済が安定的に長く持続することまたは持続できる性質。英語のSustainability。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。