不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/12/15

コロナ禍の企業意識、3割が「悪影響なし」/TDB調査

 (株)帝国データバンクは9日、「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(2021年11月)」の結果を発表した。

 調査期間は21年11月16~30日、調査対象は全国2万3,679社で、有効回答企業数は1万1,504社(回答率48.6%)。今回で22回目。

 新型コロナウイルス感染症による自社の業績への影響については、「プラスの影響がある」(「すでにプラスの影響がある」と「今後プラスの影響がある」の合計)は3.9%、「影響はない」は 24.7%、合わせて28.6%となり約3割の企業で悪影響がないことが分かった。
 一方で、「マイナスの影響がある」(「すでにマイナスの影響がある」と「今後マイナスの影響がある」の合計)は66.6%となり、2ヵ月連続で6割台に。20年4月には88.8%の企業でマイナスの影響を見込んでいたが、直近では20ポイント以上好転した。

 また、最も新型コロナウイルスの影響を受けた20年4月と比較して、30ポイント以上マイナスの影響が弱まった業種は、1位が「家電・情報機器小売」だった。テレワークの拡大により、パソコンや周辺機器などの販売の好調が続いたことが要因。次いで「鉄鋼・非鉄・鉱業製品卸売」、「放送」が続いた。「不動産」も30.5ポイント改善している。業績によっては大きな回復が見られ、企業からは「高齢者にも優しい DX への投資で実社会へのプラス波及が期待できる」「プライベート時間のための商品群の販売が拡大。この傾向は22年も継続する」など、前向きな声も挙がった。

 今後は、巣ごもり需要の獲得やDXなどの先端の動きを取り入れるなど、新型コロナとの共存や収束後を見据えた動きが加速。新たなビジネスチャンスになることが予想される。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。