不動産ニュース / その他

2022/1/14

丸の内エリアで無線給電の実証実験/三菱地所

 三菱地所(株)は13日、赤外線を用いた無線給電(ワイヤレス給電)プラットフォームを開発する米国のスタートアップ・PHION Technologies Corp.(ファイオンテクノロジーズ、以下 PHION社)に出資したと発表した。

 無線給電は、電源ケーブルやコードを用いずに電力を伝送・供給する技術。導入することで、オフィスや住宅、ホテル等の室内レイアウトの自由度がアップ。配線工事が不要となる等のメリットもある。

 三菱地所は丸の内エリアにおいてイノベーションが生まれ続けるエコシステムの形成に取り組んでおり、今回の出資はその一環。2022年春を目途に、エリア内にある同社本社や、同社とSAPジャパン(株)が手掛けるイノベーション施設「Inspired.Lab」にPHION社の無線給電システムを導入。携帯電話等のモバイルデバイスに給電する実証実験を開始する。こうした実証実験により無線給電技術に関する情報を収集し、オフィスや住宅、ホテル等の設計、商品企画に反映。将来的な新ビジネスモデル構築にもつなげていく。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。