不動産ニュース / 開発・分譲

2022/1/24

東戸塚のWTWとコラボした分譲Mが好反響

「サンリヤン東戸塚」外観
WTWとコラボした棟内モデルルーム

 西日本鉄道(株)は、分譲マンション「サンリヤン東戸塚」(横浜市戸塚区、総戸数147戸)の販売を1月下旬に開始する。

 同物件は、JR横須賀線・湘南新宿ライン「東戸塚」駅より徒歩10分に立地。敷地面積約5,307平方メートル、延床面積1万2,135平方メートル、鉄筋コンクリート造地上7階建て。2021年12月に竣工済み。建設地は、パチンコ店跡地。西側にJR線が隣接するものの、東側は閑静な第1種低層住居専用地域が広がる。

 「URBAN」「SURF」「NATURAL」をコンセプトにオリジナル家具、インテリア、アパレル等を販売するライフスタイルショップ「WTW(ダブルティー)」とコラボレーションし、共用部や8日にオープンしたモデルルームに「WTW」の世界観を採り入れた。エントランスにはライムストーン調の大判タイルを使用。床端部は砂利敷きにし、ミラーを用いて空間に奥行きを与えた。テレワークスペース等として活用できるラウンジには、WTWの家具を配置し、木材を基調とした温かみのある空間を創出。無人ストアやコーヒーマシン等も完備した。

 住戸は、専有面積65.58~81.69平方メートル、2LDK+S(納戸)・3LDK・4LDK。全52タイプのプランを用意した。食器洗浄乾燥機、床暖房、サーモバス等を完備。JR線に隣接する住戸の一部は、二重サッシ、防音サッシを導入した。有償オプションとしてWTWによる内装デザインも提供する。料金は、棟内モデルルーム(専有面積71.31平方メートル、間取り2LDK)と同様の造作で250万円。

 第1期の販売戸数は未定。販売予定価格は4,400万円台~7,600万円台、最多価格帯は4,900万円台・5,100万円台(各13戸)。21年10月のホームページ開設以後の問い合わせは600件超。モデルルームへの来場者数は約150組と好調だという。地元の30~40歳代のプレファミリー、ファミリー層が中心。WTWコラボが好反響で、すぐに申し込みに踏み切る人が多いという。入居開始は3月下旬を予定。

WTWが監修した1階ラウンジ内観。テレワークスペース等として活用できる

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。