不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2022/1/26

不動産ソリューション事業が堅調/毎日コムネット

 (株)毎日コムネットは25日、2022年5月期第2四半期決算説明会を開催した。

 当期(21年6月1日~11月30日)は、売上高75億4,000万円(前年同期比3.7%増)、営業利益3億200万円(同147.2%増)、経常利益2億7,300万円(同176.2%増)、当期純利益1億8,700万円(同196.7%増)。不動産ソリューション事業が順調に推移。販管費の減少等により、大幅な増益となった。

 主力の不動産ソリューション事業では、不動産デベロップメント部門において、販売用不動産の売却利益が前年同期比で大幅に増加。不動産マネジメント部門においても業績は順調に推移し、売上高67億5,644万円(同4.3%増)、セグメント利益8億4,160万円(同13.8%増)を計上した。
 学生生活ソリューション事業は、新型コロナウイルス感染症の影響により、イベント・セミナー等の売上高が減少したことで、人材ソリューション部門の売上高が減少。売上高は7億8,363万円(同1.8%減)、セグメント損失は1億6,630万円(前年同期:2億5,145万円)だった。

 決算説明会では、同社代表取締役社長の伊藤 守氏が、22年5月期計画の進捗状況について説明。不動産ソリューション事業(不動産マネジメント部門)においては、「ターゲットとする首都圏大学生数が安定的に推移していることから、17年連続となる100%の入居率を目指す」とした。管理戸数は順調に拡大しており、当期末で1万1,432戸となる予定。不動産デベロップメント部門では、上期1物件の売却を予定通り行ない、下期1物件の売却もすでに契約済みであると発表。
 学生生活ソリューション事業では、「コロナの収束が見込めず、昨年同様上期の売り上げはほぼゼロだった。対面での新卒採用活動も難しい状態であるため、本社セミナールームにスタジオ設備を設置し、生配信・動画収録を即時可能としている。Webでの会社説明会、動画研修などの配信により、柔軟に対応していく」(同氏)。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。