不動産ニュース / 開発・分譲

2022/1/28

渋谷駅直結でオフィス・ホテルの大規模開発/三菱地所

 三菱地所(株)は28日、渋谷区道玄坂二丁目で事業協力者として推進してきた「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」(東京都渋谷区)が、1月19日に東京都より組合設立認可を受け、再開発組合を設立したと発表した。

 同事業は、新大宗特定目的会社をはじめとする地元権利者が中心となり2012年4月にまちづくり勉強会設立、17年9月に再開発準備組合を設立。同社は、20年4月より事業協力者として参画した。なお、同社が渋谷駅周辺の大規模再開発に参画するのは初となる。

 京王井の頭線「渋谷」駅直結。敷地面積約6,720平方メートル、延床面積約8万7,100平方メートル、鉄骨造(地下・鉄骨鉄筋コンクリート造)のオフィス棟(地上30階地下3階建て)、ホテル棟(地上11階地下2階建て)を建設する。オフィス棟は、各フロア貸付面積1,500平方メートル超の高機能オフィスビルを計画しており、1~3階には店舗等も入居。防災機能の強化として、帰宅困難者のための一時滞在施設の整備も予定する。道玄坂一・二丁目をつなぐ南北のネットワークを形成するべく、隣接する渋谷マークシティとの接続部に、地域の交流拠点となる約850平方メートルの広場や約50mにわたって樹木に囲まれた緑道も整備する。

 今般の再開発組合設立を経て、今後は、22年度に権利変換および解体工事に着手、23年度に新築工事着手、26年度の竣工を予定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。