不動産ニュース / ハウジング

2022/3/8

大和ハ、「メタバースVRモデルハウス」を開始

 大和ハウス工業(株)は8日、4月より同社住宅商品販売時に「メタバースVRモデルハウス」を活用していくことを発表した。

 仮想空間上に再現したモデルハウスにおいて、営業担当者と顧客がアバターで参加し、会話をしながら内覧はもちろん外観・外構などを360度見学できるもの。同社では、コロナ禍でオンライン接客の需要増加を受けて、「デジタル×リアル」の住宅販売スタイルを進めており、その一環としてメタバースVRモデルハウスを開発した。サービス開始時には「xevoΣ 家事シェアハウス」「Lifegenic」「LifegenicW」の3商品で用意する。今後は対応商品を順次増やしていく方針。

 また、メタバースVRモデルハウスは、同社が2021年10月に開設したデジタル展示場「LiveStyle PARTNER」(会員制)のコンテンツとして展開していく。
 同サイトは、モデルハウスのほか、オーナー事例や趣味・収納の家づくりに関するコラム等、住宅探しに関するさまざまな情報を掲載。会員登録時にタイプ診断を実施、顧客タイプ(「直観デザイン派」「理論・こだわり派」「堅実住まいづくり派」)に分けてトップ画面に掲載する情報を変えることができる仕様を採用している。また、顧客が閲覧履歴やチェックしたコンテンツを「styling NOTE」として整理できる機能も搭載。「styling NOTE」は、営業スタッフが接客時の資料としても活用していく。現在の会員数は400会員。3月末より同サイトのPRを本格し、23年には5万会員を目指す。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

VR

情報技術を活用して、人工的に現実感を作り出すこと。英語のVirtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略語で、「仮想現実」「人工現実感」などと翻訳されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。