不動産ニュース / その他

2022/3/9

三菱地所、温室効果ガス削減で新たな目標制定

三菱地所グループの2050年に向けた脱炭素経路のイメージ図

 三菱地所(株)は9日、CO2等温室効果ガスの削減目標(2019年制定)の大幅な見直しを行ない、新たな削減目標を制定したと発表した。

 新削減目標は、基準年となる19年度の総排出量に対して、30年度までに、スコープ1(熱供給事業などによる燃料の直接的な燃焼)、スコープ2(購入した電気などの使用による燃料の間接的な燃焼)の合計を70%以上削減。スコープ3(その他事業活動に伴う排出)を50%以上削減とした。
 また、50年度までに、スコープ1・2・3とも90%以上削減し、残余排出量は炭素除去技術等を活用して中和化することで、ネットゼロ達成を目指す。

 新たな削減目標は、「SBTi」(WWF、CDP、世界資源研究所、国連グローバル・コンパクトによる共同イニシアティブ)の1.5度シナリオ(今世紀中の温度上昇を1.5度以下に抑える水準のGHGシナリオ)を満たし、「SBTi」が21年に発表したネットゼロ新基準に沿ったものとなる。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

温室効果ガス

人為的に排出され、地球温暖化の原因となると考えられている化学物質をいう。京都議定書で排出量の削減対象として指定されているのは、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、ハイドロフル...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。